×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

powerd by 楽市360

車載用ワンセグチューナーでカーテレビが変わる

デジタル化がどんどん進む今日、車載用のワンセグチューナーなる物が巷に溢れるようになりました。
車載用のワンセグチューナーはかなりの種類が出ているそうですが、どんな感じなのかネットで見てみることにしました。
驚きました。
ホームページで製品を拝見すると、その機材の小さいこと小さいこと、車載用のワンセグチューナーがまさかこれほどまで機能的な物とは思いませんでした。
思い返してみると、車載用ワンセグチューナーが世に出るまで、車でテレビを見るのは殆ど不可能でした。
たまに見れる車もありましたが、その付けられているアンテナの大きくて長いこと。
端から見ても、一発で分かるくらいなアンテナでした。
なんだが、車載用ワンセグチューナーを見てみて、時代を感じる今日この頃です。

いい迷惑

これは、立体駐車場に勤めるオジサンから聞いた、車載用ワンセグチューナーにまつわる話です。
都内には立体駐車場が多くあります。駐車すると、車がゴンドラに載って観覧車のように上に移動する、アレです。
このタイプの駐車場はパレットと呼ばれるゴンドラに車を入れたら、運転手は速やかに出なければなりません。そうしないと、車を上へ動かせないからです。
ある時、一台の車がパレットに入りました。オジサンは運転手が車から出てくるのを待っていましたが、運転手は一向に出てきません。
なんと、好きな番組を車載用ワンセグチューナーで見ているのです。
「この番組が終わるまで待って」
運転手は車載用ワンセグチューナーで最初から番組を見るつもりだったのか、食い入るように番組を見ています。
そのうち、新しい車が入庫しにやってきてしまいました。
新しい車はクラクションを鳴らして、入れろとせっついてきます。
早く、車を移動しないと……。
「あと、ちょっとだから!」
車載用ワンセグチューナー男は出てきません。
結局、車載用ワンセグチューナー男は周りの迷惑をかえりみず、番組が終わるまで出てこなかったそうです。ちょっと考え物ですよね。

車載用ワンセグチューナーは本当に大丈夫でしょうか

今回は車載用ワンセグチューナーについて思ったことを書きます。
つい数年前に、携帯電話を車内で使用することが法律で禁止されました。(ヘッドフォンをつける場合を除いて)
今、気がかりなのが、車載用ワンセグチューナーの規制についてです。
テレビ番組がどんどん身近になり、車載用ワンセグチューナーの出現によって、車の中もテレビが見れる環境になりました。
今までは時間的に見れなかった番組が、車で帰っていく間に見れる。
これは視聴者にとって大変ありがたいことだと思います。
しかし、テレビに熱中するあまりに、運転がおろそかになってしまう可能性がどうしても出てきます。
携帯電話よりも、車載用ワンセグチューナーの方が、どうしても目を離す機会が増えると思うのですが……。
勿論、ドライバーのマナーに寄る部分が大きいとは思いますが、重大な交通事故が起きる前に、車載用ワンセグチューナーの使用における法的規制をかけておいたほうがいいのではないかと、私は思うのです。
皆さんはどう思いますか?

<お気に入りリンク>
CR-Xを楽しむ| クロックスのアリス、マンモス、ジビッツなど| マルニのワンピースはセレブなアイテム| ダイエットで大切なカロリー計算を正しくするには| アンティークキルトを調べるなら…| 法事のお供えはどうしたらいいの| メゾピアノの子供用スーツはかわいい|
Copyright © 2008 ワンセグチューナーも車載用が一般的です